Skip to content

他の部門との良い循環が生まれるかも?

SFAを社内に導入することにより、これまで壁があった部門同士に良い循環が生まれるかもしれません。

SFAには、マーケティング部門がリードまで育て上げた経過が情報として残されています。営業部門はこのリードに実際にアプローチし、営業をかけ、そのプロセス、商談の成果までがつぶさに記録されています。

もし、商談は失敗したとしても、どの時点で失敗につながってしまったのかを、SFAを最初から最後まで確認することで、な何らかのヒントを取り出すことができます。ただ、それは1件や2件の商談からでは足りません。より多くの情報を入力し、蓄積していく。リアルタイムに部門を越えたところでその瞬間にも営業プロセスを見直す。様々な観点から検証を続けることで、確かなものが見えてくるわけです。

そして、マーケティング部、営業部といった部門ごとの検証ではなくて、部門を越えたところで検証し、改善を図っていくことで、他の部門との良い循環が生まれていく可能性も、SFAにはあるということも知っておいてください。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *