Skip to content

eValue Vの新版を同日より販売すると発表

先月の28日、OSKという会社が「eValue V」という統合型のグループウェアの新ヴァージョンを発売することを発表したそうです。新ヴァージョンでは「外部サービスとのスケジュール同期機能などを新たに搭載している。」とのことです。

スケジュールやコミュニケーション、ドキュメントの管理、内部コントロールなど、企業としては必須とされる機能が統合されたツール。それに加え、今回の新ヴァージョンにおいてセゾン情報システムズのツールPIMSYNCとの連携で、マイクロソフトやセールスフォースといった企業のSFAや他システムなどとスケジュールデータの自動同期が可能となったそうです。

業務を行う際、面倒だし忘れてしまいがちなのがスケジュールではありませんか?また、自分のスケジュールを確認したい時も、手元にあるツールには入力し忘れていたため、わざわざ会社のパソコン内のツールを開かないといけなくなった、ということもあります。

しかし、今回のこのように自動同期してくれれば、スケジュール管理はかなり便利になりますよね。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *