Skip to content

手作業では大変なことが

SFAと他のツールの連携ができることで、SFAの効果をさらに上げることができると言われていますよね。

例えば名刺管理ツールと連携させると、手作業では大変なことが自動で行われるんだそうです。SFAに見込み顧客の情報を全て入れるのは大変ですよね。最初に顧客の属性情報を入力しないといけません。この部分がとても骨の折れる作業であり、営業マンが最も負担に感じることです。数百、数千件の企業名、電話番号、メアド、住所など、細かな作業であり、ミスをするとやり直ししないといけませんし、ミスをしたのかどうかも分からなくなってしまったり。。

そこで名刺管理ツールが出てくるんですね。このツールを使うことで、属性情報は名刺から自動入力されます。まぁ、確認作業は必要かもしれませんが、手作業するよりも全然楽な仕事だと思いますね。SFAには入力しきれていなかった見込み顧客を名刺管理ツールと連携させることで自動入力。さらには、名刺管理で人脈も可視化できるため、人脈を把握しながらの営業ができるようになるんです。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *