Skip to content

ニーズに敏感に

いつの時代も、顧客のニーズとは常に変化していると言われています。ただ、今のその変化の流れは異常と言えるほど変化が激しいものと言わざるを得ません。物が世の中、ネット内でも溢れかえっていますからね。どんなにニッチなニーズでも、何かしら探せば見つかるようになってきましたし、物を作る方もニッチな物を作り、ネットで販売が簡単にできるようになっています。

そのため、大きな企業では顧客のニーズには敏感にならないといけませんし、どうせなら顧客の声を生で聞きたいと思うはずです。こういった際にCRMとSNS、コールセンターを連携して活用し、それぞれの顧客が今何を欲しがっているのか、最適なニーズの掘り起こしを行い始めています。

SNSでは、スタンプを餌に^^友達になることで商品の最新情報を提供しています。このSNSを介して、物を販売にもつながっていますが、真の狙いとしては、SNSから顧客がどういったものに興味があるのか無いのかを判断する材料として使っているように感じますね。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *