Skip to content

多くの企業とのコミュニケーションのために

営業マンの中には、ある程度自分の顧客を持てるようになると新規の顧客を得ようとしない、といったタイプの人もいるそうです。そうかもしれませんね。わざわざ知らない会社にアポイントを取って行っても、相手にもしてくれない、門前払いされて気分が悪いなど、新規顧客開拓には精神的な負担が付きまといますから。

しかし、会社側としては、いつ既存顧客が他の会社の乗りかえるのか、不安を抱えています。常に新規顧客を探すことで、営業マンのコミュニケーション能力も上げて欲しい、と願っていることもあるようです。

そこで役立つのがSFAです。門前払いされても、アポを取ってもあまり歓迎されていなくても、会社の様子、担当者の名前、本当に欲しいと思っている製品像など、何かしらのヒントを掴み取る力を養えば、何度か通ううちに話を聞いてくれるようになるかもしれません。

また、SFAは社内で共有されるため、他の営業マンがダメだったところにも再チャレンジできるかもしれないんですね。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *