Skip to content

マーケティングオートメーションとの連携

CRMがマーケティングオートメーション、MAと連携されることは最近では当たり前のようになってきているようです。SFAで新規の見込み顧客の中から確度の高い顧客を選び出し、MAによってどのようなアプローチをしたら良いのか、実際に営業を行い、獲得をする、そしてCRMを活用することで顧客の満足度を向上させ、顧客を維持していくという狙いがあるんですね。

ですから、MAとCRMだけではなく、SFAが最初にあるということ。以前はそれぞれがそれぞれの得意分野で営業を支援し、完結していましたが、それでは業務の本当の意味での効率化はできていませんでした。そのため、3つに分かれているツールを連携させることで、顧客情報を一貫して見ていくことが可能となるんですね。

顧客の方としても、問い合わせなどをした際に、たらい回しにされればそれだけでも満足度は低下していきます。誰に電話を取られても、すぐに顧客の情報がスムーズに確認でき、対応される方が良いに決まっていますからね。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *