Skip to content

足元を見られる

CRMに関する話であるかどうかは疑問なのですが、あるITベンダーに詳しい人の話です。日本のITベンダーの特徴として、最初は安く、メンテで高く、というのが基本だそうです。どういうことかと言うと、ある会社でCRMやSFAなどのツールを導入する際、入札方式を取り入れ、数社から見積もりを出してもらう。すると、比較的安価で導入できる金額を出すんだそうです。

導入する企業はできるだけ安価な方が良いわけです。また、カスタマイズも自由ですよ!とか言われると、ついその言葉の乗ってしまいます。しかし、実際に導入すると、簡単なカスタマイズを頼むにも仕様書を書き、提出し、見積もりが届き・・。とにかく時間と手間がかかって仕方が無い。その上、高額な見積金額、請求書が送られてくる。でも利用してい方は早く改善したいため、仕方なくそれを了承する。もし、ベンダーを変えようとすると、こんなに使いにくいものを改善するより、ゼロから新しく作った方手間も時間もかからないと言う。こういった感じだと^^大変だこりゃ・・。

sfa料金の特徴|Knowledgesuite

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *