Skip to content

失敗の多いツールと言えます

SFAって、残念ながらと言いますか、ITシステムの中でも失敗の多いツールと言えるそうです。

その第一の原因は、営業マンが使うツールだから。これだけで「なるほどね!」と理解できるのは、やはり同じ職種の営業マンだけかもしれませんね^^私は営業の仕事をしたことが無いので、分かりませんでした。

営業マンは基本的に外を回り、会社を訪問し、取引先となる会社の担当者と会話をし、折衝しながら案件を進めていきます。この一連の流れは、営業マン自身が考え動き、その営業マンだけが持つ経験や勘、そして営業スキルによって進められているんですね。

SFAは、こういったそれぞれの営業マンが持つ自分だけの資産を他の営業マンと共有するツール。「なぜ??」という思いが強いのでしょう。自分が苦労して培ったノウハウや経験を、なぜ他の営業マンと共有する必要があるのかと。そのため、SFAに入力する内容は当り障りのなものばかりとなり、結果的にほとんど意味を成さない情報しか蓄積されず、SFAの導入は失敗、ということになってしまうんですね。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *