Skip to content

日本におけるCRMのハイプ・サイクル

CRMのハイプサイクル?このハイプサイクルって、みなさんどういう意味だかわかりますか?アメリカを拠点とするICTアドバイザリ企業、ガートナー社が用いている用語だそうで、「特定の技術の成熟度、採用度、社会への適用度を示す図」なんだそうです。

日本の主な企業が、これからビジネスにおいて最も重要と考えているのが顧客。この顧客を中心とした考えにおいて必要なのがCRMなんですよね。したがって、今まで急成長してきたと言われている日本のCRM市場は今後も最重要ソリューションとなると予測されているんだそうです。

顧客が、それぞれの企業の製品の価値を実体験できる機会を多く作ったり、顧客のウェブ上での動きを永続的に追跡したり、メッセージアプリを活用してより顧客との関係性を強めたり。まだまだ顧客との接点、顧客の満足度を向上させていく方法はあるとのこと。この顧客との関係性をさらに強めていくのに、CRMの貢献度は非常に高いと言われています。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *