Skip to content

金融関係の企業の場合には・・

名刺の管理ツールの普及が進んでいますが、金融関係の企業の場合には二の足を踏むところも多いのではないでしょうか。

名刺の数だって、一人の営業マンが数百、数千枚単位で所有しているでしょうし、それらの管理も各自が行っているでしょう。しかし、外部のベンダーのサーバーを利用した名刺管理では、セキュリティ的にも不安が大きいと思うんですよね。

ただ、重複の営業を避けたり、人脈を明らかにできたり、素早い検索といったメリットが名刺管理ツールでは期待できます。手入力していたものを、スキャンという一度の撮影で情報がデータ化される魅力も営業マンには助かるはず。ですから、高いセキュリティを有したツール、同じ金融関係の企業での導入を経験したベンダーのツールを利用できれば、金融関係の企業の営業マンでも非常に役に立ちそうですよね。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *