Skip to content

自社の業務形態に合っているか

SFAの導入には、自社の業務形態に合っているのか、という点が最も重要な選択事項になります。

世界的なシェアを持つSFAであっても、導入する会社それぞれに業務形態が違ったり欲しい機能、使える能力は千差万別です。そのため、SFAを提供するベンダは「これだけカスタマイズが可能ですよ!」と謳っているわけですが、それでもなお、自社に合ったサービスかどうかは使ってみないと分からない部分も多いんですね。

SFAの多くが、2週間、あるいは1ヵ月などテスト期間を設けています。まずはこの期間を有効に活用し、営業マンの皆さんに利用してもらうというのが、良いですね。そこで使いやすさやもっとこうして欲しい、という提案を聞く。これを数社テストしてみることで、自社に合うベンダのSFAが決まっていくはずです。

また、カスタマイズは別料金となることが多いので、コスト的に継続できるものなのか、これも確認する必要がありますね。いずれにしても、SFAの導入にはあらかじめ時間がかかる、ということを知っておいた方が良いでしょう。

knowledgesuite.jp/service/sfa/sfa-detail04.html

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *