Skip to content

属人的営業のほかの問題点

人の勘や経験、根性に頼る営業。情報はすべて紙で、それも営業マン本人にしかわからないような記入方法や保存場所であったりすること。これらをまとめて属人的営業と言っています。

ITがこれだけ発達している今、そして商品やサービスが余り過ぎている現状では、ただ商品を陳列し、販売しようとしてもそれだけでは無理なんですね。ITを駆使し、顧客満足をあらゆる形で向上させ、売り上げにつなげる。これが今は重要と言われているんです。

ただ、別の見方からも属人的営業を続けることで弊害があるそうなんです。とくにデキる営業マンに多いとのこと。既存顧客からの案件を次々にゲットするのは素晴らしいのですが、その後を任せられる管理部や他の営業マンとしてみたら、他の業務がまだ残っているのに新しい案件を次々と持って来られると、管理が行き届かなくなり、顧客にもいろいろな迷惑をかけてしまう可能性が出てくるんですね。

CRMを活用すれば、こういった弊害も無くすことができるようになります。早めの導入が、企業にも売り上げ率向上をもたらしてくれるはずですよ。

sfa料金の特徴

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *