Skip to content

システムの活用が必要な時代に

今やCRMの導入は当たり前のように広がっていますが、昔は帳簿や頭の中の記憶をもとに顧客管理が行われていて、それでもきちんと営業活動は行われていたんですよね。それも顧客満足度をしっかりと維持、向上させながら。

例えばお魚屋さんなら、いつも夕方買い物に来るAさんに対しては「今日はこの一盛りがおすすめだよ!」と声をかけます。Aさんには子供2人と旦那さん、そしておじいちゃんがいるから、5匹の鯵が一盛りになったものをおすすめしたんです。毎日の会話から家族構成、家族が好きな魚をちゃんと把握しているんですね。そしておまけとしてわかめをつけてあげました。「味噌汁や酢の物などに最適だよ!」というアドバイスを付けて。

もうこれで十分、顧客満足度は上がっていますよね。昔の商店はこのようにしてお得意さんを維持していたんですね~。

でも今の時代、企業がこのようなことをやっていても非効率的です。働き方改革も叫ばれているなか、働く時間を減らすには、CRMのようなシステムの活用が必要になってきているんですね。

参照URL

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *