Skip to content

継続して使えるものには訳があります

通常、SFAと聞くと営業マンの方たちは「負担になるシステム」というイメージをすぐに思い浮かべるかもしれませんが、それでも継続して使っている企業も多くあるんですよ。また、これから積極的に取り入れようという企業も。どうしてそのように積極的に使うことができるのでしょうか?

それは営業マンの負荷が軽減されていること。初めてのシステム導入の際には、多くの機能を取り入れ、高性能なSFAを使いたくなるものですが、ここまで欲張ることが営業マンの負荷増に繋がるんですね。そこで、パソコンにくわしくない営業マンでも簡単に操作できる作業画面であること。マウスで項目のチェックだけをするものから始めるんです。必要最低限の項目と、管理者がどうしても欲しいデータ項目をカスタマイズしておき、営業マンはチェックを入れるだけ。

そして、1度の入力で他のシステムにも入力されること。日報、案件管理、スケジュールと、いくつものシステムに同じ情報を入力するのは非効率です。が、SFAを使えば1回で済むため営業マンはSFAを使った方が便利なんだ!ということをわかってくれるんですね。

本記事はこちらの製品を参照しました。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *